米粉フィナンシェの個包装の秘密

こんばんは。

今回は米粉フィナンシェの個包装の秘密を少しご紹介いたします。
そもそも米粉フィナンシェはスティックタイプの洋菓子で、1本ずつ個包装されています。

突然ですがここで問題です。
よくある洋菓子には入っているものが米粉フィナンシェの個包装には入っておりません。
それは何でしょうか??

当然ですが、原材料やアレルゲン表記はきっちりしております。では何か?

商品名?いえいえ、あります。
ロゴでしょうか?いえ、それもございます。

では一体何か?もったいぶってすみません。笑
米粉フィナンシェ しっとり の個包装は「脱酸素剤」が入っておりません。
いわゆる乾燥剤に近いかたちのものです。

皆さんはこんなご経験はないでしょうか?
焼き菓子をひと口、ふた口と食べると、“何か塊”が歯に当たる。
たまに誤飲しそうになるビニール製の四角いものです。

それは、脱酸素剤と呼ばれるもので、
酸素を吸収し、酸化を抑える、つまり『品質劣化を抑える効果』があります。
品質を保つことは食品においては非常に重要なこと。

これは疑いようのない事実です。
ただ脱酸素剤は、食べやすさとは相反するものでもあります。
特に、小さなお子様の場合、誤飲の可能性もあります。

そういう理由で『米粉フィナンシェ しっとり』は脱酸素剤を使用しておりません。

では、品質は大丈夫なのか?とご心配になる方もいるかも知れませんが、
私たちは、品質劣化を抑えているために脱酸素剤を使用せずに、『ガス置換』という手法を用いています。
概ね窒素を充填し、極力酸化を抑える(つまり商品劣化をなるべく遅くする)ということを行っております。

私たちは日持ちを維持するための食品添加物は一切使っておりませんし、
脱酸素剤を使わず『ガス置換』のみにすることで、賞味期限は短くなります。
それでも、安心して美味しく食べていただくことを優先しました。

さらに、少し厚めの3層構造のフィルムで個包装しております。
しっかりと頑丈に3層構造にすることで窒素ガス充填をより効果的にしています。

それが『米粉フィナンシェ しっとり』にふさわしいと考えます。

少し開けるのが硬いというお声もありますが、その際はハサミで端っこを切っていただくと筒状になり、
食べやすくなるのでおすすめです♪